排水管つまりの発生原因や解消法とは?初心者の方にも分かりやすく解説!

排水管のつまりは、トイレに食べ残しを処理する、洗面所に髪の毛を流すといった間違った使用方法が主な原因です。
水で流すという点は同じですが、設備ごとに水量や構造が異なるので異物を入れると中で停滞してしまいます。
排水関連のトラブルはそのままの状態で放置しておくと二次被害に発展するケースも少なくありません。
初心者でも簡単に扱えて幅広い場所に対応しているラバーカップを使って速やかにトラブルを解消する必要があります。

排水管つまりの発生原因や解消法とは?初心者の方にも分かりやすく解説!

自宅の排水管がつまる考えられる原因の一つが異物の混入があります。
主な例として挙げられるのが、トイレに食べ残した料理を捨てる、洗面所に髪の毛や髭などを流すなどです。
自宅内の設備はそれぞれ用途が決められているため、間違った使い方をすると流すことができず中に留まってしまいます。
原因ごとに対処法は異なりますが、初心者でも簡単に行えるのがラバーカップです。
ラバーカップというとトイレ専用というイメージを持たれがちですが、キッチンや洗面台など様々な排水管に対応しています。
排水口を塞ぐように被せて力を押して引くだけの簡単な作業なので女性でも手軽につまりを解消することが可能です。

排水管つまりの主な発生原因とは?

排水管つまりの主な発生原因ですが、これは排水中に含まれる食べ物くずなどの固形物と、もう一つ大きな要素は油脂分です。
簡単に言えばこの2つというか、はっきり言えば後者の油脂分だけであっても排水管の詰まりは発生します。
排水中には例えば料理に使った油とか、入浴で発生した皮脂など油脂分が含まれ、これは基本的にはある程度以上の水温では液体状になりやすいですが、冷えると固まりやすい性質があります。
シンクで流す際にはお湯を使うことで溶けていた油も、排水管を流れていくうちに冷えて固形化してしまうわけです。
これに細かい食べ物くずなどがあればそれと一体化して排水管の壁面に付着していき、次第に内部が詰まっていくことになります。
これをできるだけ避けるためには、たとえその場では液体状に見えたとしても油脂は決してシンクに流さないこと、ネットを使うなどして食べ物くずなどの固形物もできるだけ流さないようにすることが効果的です。

排水管つまりを薬品を使って解消する方法

排水管のつまりを自力で解消する方法は、大きく薬品を使う方法と道具を使う方法の2種類に分けられますが、髪の毛などのタンパク質や油汚れが原因であれば、パイプクリーナーなどの市販されている排水管用の薬品で解決できる可能性があります。
具体的な手順としては、まず排水溝とその周辺にパイプクリーナーを撒くのですが、素手で作業すると手荒れの原因となるので必ずゴム手袋を着用しましょう。
次に、お湯で少しずつパイプクリーナーを排水溝の内部に流していきます。
そして、30~60分ほど放置して、原因物質が溶けるまで待ちましょう。
最後に、水を少しずつ流してみてつまりが解消されていれば作業は完了です。
なお、市販のパイプクリーナーは髪の毛などを溶かす力がそこまで強くありません。
完全につまってしまっている状態だと、パイプクリーナーでは解消できないケースもあるので、そのような場合はラバーカップなどの道具を使うか、水道修理業者に依頼すると良いでしょう。

排水管つまりを道具を使って解消する方法

排水管のつまりは、道具を使えば自力でも解消できる可能性があります。
排水管がつまった時に使える道具はいくつかありますが、トイレで使われるラバーカップもその中のひとつです。
ラバーカップは、キッチンや浴室、洗面所などでも使用することができるので、一本は備えておくことをおすすめします。
具体的な手順としては、まず排水トラップを外した上で、ラバーカップを垂直に排水口に押し当てます。
そして、押し込みと引き上げの動作を繰り返して、ゴポゴポという水が流れる音が鳴ったら作業は完了です。
また、真空式ポンプクリーナーを使う方法もあります。
仕組み自体はラバーカップと変わりませんが、圧をかける力が強いのが特徴です。
使い方もラバーカップと似ており、排水口に垂直に押し付けて、ハンドル部分を持って押し込みと引き上げを繰り返します。
ただし、真空式ポンプクリーナーは、引き上げの際にかなりの力が必要なので注意が必要です。
ラバーカップや真空式ポンプクリーナーでは解決できなかった場合は、ワイヤーブラシを使うのがおすすめです。
排水口にワイヤーを押し込んでいき、押し込めなくなったらハンドル部分を回すことで排水管内の汚れをそぎ落とします。
ワイヤーブラシは、単体で使うよりも市販の排水管用の薬品と組み合わせると効果的です。

排水管つまりを自力で解消できない場合は修理業者に依頼しよう!

排水管は使った水を流す配管のことで、生活でも極めて重要となります。
使った水を流すことができないと水浸しになってしまう他に、不衛生になってしまう恐れもあります。
また意外と排水ができないと不便さを感じることもあり、生活に支障をきたすケースも意外と起こります。
水栓をひねって水が出ることと同じくらい、普段はあまり意識をしていなくとも排水は大事になるのは言うまでもないです。
もっとも排水管が流れないのは、その管の中でつまりが生じているのが原因となり、それを取り除くことでストレスを感じることなく流れるようになります。
つまりが生じた場合には、大抵の方は自力で解消をしようと努力を行いますが、運よく解決できるケースは少ないです。
そこで修理業者に依頼をすることは魅力的で、専用の薬剤や優れた工具類を持っているので早期解決に結び付きます。
特に実際に排水管内にカメラを付けたケーブルで原因を特定までしてくれるので、対策が打ちやすいのもメリットです。

排水管,つまりに関する情報サイト
排水管つまりの情報サイト

排水管のつまりは、トイレに食べ残しを処理する、洗面所に髪の毛を流すといった間違った使用方法が主な原因です。水で流すという点は同じですが、設備ごとに水量や構造が異なるので異物を入れると中で停滞してしまいます。排水関連のトラブルはそのままの状態で放置しておくと二次被害に発展するケースも少なくありません。初心者でも簡単に扱えて幅広い場所に対応しているラバーカップを使って速やかにトラブルを解消する必要があります。

Search